京都大学 原田研究室

[ホーム] » [研究課題]


研究課題:第5世代/第6世代移動通信システムに関する研究

京都大学原田研究室では現在、次世代の無線通信システム(第5世代/第6世代移動通信システム)に関する研究を行っています。

携帯電話に代表される無線通信システムにおいては、現在LTE等の第4世代システムが全世界で利用されつつある他、既に第5世代移動通信システムの本格運用の機運が高まっていますが、 更にブロードバンドでかつ電波資源の利用効率の高い第6世代システムの研究開発が進められています。

本研究室ではこの第5世代システムのさらなる高度化、および第6世代システムの実現に向けた要素技術の研究開発を行っています。

理論研究だけでなく、実装、実証実験まで行い、社会に貢献できるディジタル通信分野の先進的かつ実用的な研究成果を創出します。




 第5世代/第6世代移動体ブロードバンド通信システムに関する研究

ダイナミック周波数共用・コグニティブ無線・ホワイトスペース通信システム研究プロジェクト
本プロジェクトでは、既に特定の利用目的のために割り当てられている周波数において、「空間的」、「時間的」に利用可能な周波数帯を、 既存利用者に対して干渉させることなく第5世代/第6世代無線通信システム用周波数として利用するための、 周波数管理方式、電波利用可視化方式、通信方式、通信プロトコル等の研究開発を行っています。

フルデュプレックスセルラー通信システム研究プロジェクト
本プロジェクトでは、第5世代移動通信システム(特に携帯電話などセルラーシステム)において、 これまで以上に通信容量の増大化を図るために、アップリンクとダウンリンクを同時に行う、フルデュプレックス(全二重)セルラー通信システムに関して、 自己干渉キャンセル方式、干渉可視化方式、端末スケジューリング方式、送信電力制御方式、通信方式、実装方式の研究開発を行っています。

マルチユーザ分散アンテナ通信システム研究プロジェクト
本研究プロジェクトでは、周辺地物で反射した電波が干渉することにより生じるフェージングや、高密度な電波利用により生じる電波干渉への耐性を備えるために、 基地局間を連携させ、さらに複数の分散設置されたアンテナを利用して、必要な電波資源を必要な利用者に伝送するマルチユーザ分散アンテナ通信システムの研究を行っています。 また、基地局-端末間通信以外に、基地局間中継、端末間の協力技術を総動員して、高周波数利用効率化を行うユーザ端末協力型無線通信技術の研究を行っています。



 スマートM2M (Machine-to-machine) 通信システムに関する研究

Wi-SUN通信システム研究プロジェクト
第5世代移動通信以降のシステムにおいては、人間のみならず、防災、減災、安全、安心を実現する固定、 移動体に設置された大量のセンサー/メータ/モニター等の各種計測機器を収容する必要性があります。 本研究プロジェクトでは、電源供給のみならず電池駆動によるセンサー/メータ/モニターでも利用可能な低消費電力型の無線通信システムWi-SUN (Wireless Smart Utility Network)の研究開発、特に通信方式、通信プロトコルの研究開発を行っています。 研究成果は米国電気電子学会(IEEE)およびWi-SUNアライアンス等で標準化を行っています。



Copyright © 2014-2020 Harada Laboratory, Kyoto University. All Rights Reserved. Web Designed by Keiichi Mizutani.