月別アーカイブ: 2020年6月

国際会議IEEE WF-IoT2020にて研究成果を発表


【M2向・2019年度修士課程修了水谷(潔)氏】6/2-16にオンラインで実施された国際会議IEEE WF-IoT 2020 (2020 IEEE 6th World Forum on Internet of Things)にて下記の成果を発表しました。

1. Yueying Xiang, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada,
“Data Rate Enhancement for IEEE 802.15.4 Based FSK Transmission Scheme,”Proc. IEEE WF-IoT 2020, pp. 1-6, Virtual, Jun. 2020.

2. Kiyoshi Mizutani, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Coexistence of Synchronous and Asynchronous MAC Protocols for Wireless IoT Systems in Sub-Gigaherz Band,” Proc. IEEE WF-IoT 2020, pp. 1-6, Virtual, Jun. 2020.

IEEE WF-ToT 2020 Best Paper Presentation Awardを受賞

【2019年度修士修了 水谷(潔)氏】6/2-16にオンラインで実施された国際会議IEEE WF-IoT 2020 (2020IEEE 6th World Forum on Internet of Things)において、当研究室卒業生(本年3月修士修了、修士課程2年在籍時に投稿)の水谷潔志君がIEEE WF-ToT 2020 Best Paper Presentation Award (IEEE WF-ToT 2020 1st Place)を受賞しました。

»  IEEE WF-ToT 2020 Best Paper Presentation Award (IEEE WF-ToT 2020 1st Place)

発表タイトル:Coexistence of Synchronous and Asynchronous MAC Protocols for Wireless IoT Systems in Sub-Gigaherz Band
著者:Kiyoshi Mizutani, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada
発表学会:IEEE WF-IoT, pp. 1-6, Virtual, Jun. 2020.

電子情報通信学会スマート無線研究会にて研究成果を発表

【D2欧陽・M1柳瀬】6/5にオンラインで実施された電子情報通信学会スマート無線研究会(SR研究会)にて、下記の成果を発表しました。

1. Ruiting Ouyang, Takeshi Matsumura, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada,
“PHY Performance Evaluation of IEEE 802.22-based Highly Mobile Wide Area Communication System with an SDR-based Prototype, ” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 53, SR2020-3, pp. 17-24, オンライン, 2020年6月.

2. 柳瀬創平, 水谷圭一, 原田博司, “VHF帯周波数共用のための保護領域算出モデル,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 53, SR2020-4, pp. 25-32, オンライン, 2020年6月.