月別アーカイブ: 2019年3月

電気通信普及財団 テレコムシステム技術学生賞を受賞

【D1奥村】2019年3月20日に公益財団法人電気通信普及財団において、当研究室のD1 奥村君が2018年度テレコムシステム技術学生賞を受賞しました。

»  公益財団法人電気通信普及財団テレコムシステム技術学生賞

  • 発表タイトル:Enhanced F-RIT Protocol for Wireless Smart Utility Networks with High Traffic Bi-directional Communications
    著者:奥村 亮太  京都大学 大学院情報学研究科 博士後期課程1年
    共著者 藤原 純、水谷 圭一、原田 博司
    発表論文:(IEICE, IEICE Transactions on Communications, 2018年12月)

審査員コメント

本論文では、Wi-SUN用プロトコルF-RITと比較して、高トラヒック時の通信成功確率を大幅に高めるeF-RITプロトコルを提案し、計算機シミュレーションに加えて、実機を用いた実験でも特性改善を確認している。本受賞者はF-RITの解析・評価を実施する中で改良方式を考案し、実機実験に至るまで携わったとの推薦者の言から、その実力と努力を十分に反映した研究内容であり、テレコムシステム技術学生賞にふさわしいと評価される。

外部リンク:[公益財団法人電気通信普及財団]

電子情報通信学会スマート無線研究会2018年研究奨励賞を受賞

【D1 Ouyang】2019年3月8日に神奈川県横須賀市で開催された電子情報通信学会スマート無線研究会において、当研究室のD1 Ouyang君が2018年研究奨励賞を受賞しました。

»  電子情報通信学会スマート無線研究会2018年研究奨励賞

    • 発表タイトル:A Novel Channel Estimation and Phase Compensation Scheme for IEEE 802.22-based Mobile Communication Systems in TV White-Space
      著者:Ruiting Ouyang・Takeshi Matsumura・Keiichi Mizutani・Hiroshi Harada
      発表国際学会:電子情報通信学会スマート無線研究会

外部リンク:[IEICE SR研究会]

電子情報通信学会移動通信ワークショップにて研究成果を発表

【M2水谷(侑)・吉戸・M1鮫島】3/6-8に神奈川県横須賀市の横須賀リサーチパーク(YRP)にて開催された移動通信ワークショップ(短距離無線通信(SRW)研究会)にて下記の研究成果を発表しました。

・鮫島 渓, 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司, “IEEE 802.15.10準拠L2Rプロトコルを用いた無線メッシュネットワークにおけるルーティングメトリック計算法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 476, SRW2018-58, pp. 19-24, 神奈川県横須賀市, 2019年3月.

・水谷侑二, 水谷圭一, 松村 武, 原田博司, “UF-OFDM送信機の計算量削減を実現するフィルタ畳み込み時間窓,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 476, SRW2018-56, pp. 7-12, 神奈川県横須賀市, 2019年3月.

・吉戸章人, 水谷圭一, 松村 武, 原田博司,” マルチパス低遅延環境運用を志向したUTW-OFDM方式における周波数領域ICIキャンセル技術,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 476, SRW2018-55, pp. 1-6, 神奈川県横須賀市, 2019年3月.