月別アーカイブ: 2018年11月

WPMC 2018 Best Student Paper Awardを受賞

【M2吉戸君、水谷助教、松村准教授、原田教授】2018年11月25日-28日にタイ・チェンライにて開催された国際学会 WPMC 2018 (The 21th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications)において、当研究室の修士課程2年吉戸章人君、水谷圭一助教、松村武特定准教授、原田博司教授がWPMC 2018 Best Student Paper Awardを受賞しました。

»  WPMC 2018 Best Student Paper Award

    • 発表タイトル:A Frequency-domain ICI Cancellation Using Weight Matrix Based on Window Shape for Simplified UTW-OFDM
      著者:Akihito Yoshito, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada
      発表国際学会:WPMC 2018

国際会議WPMC 2018にて研究成果を発表

【原田教授,松村准教授,水谷助教,D1欧陽,M2水谷,M2吉戸,M1鮫島,M1横山】2018年11月25日-28日にタイ・チェンライにて開催された国際学会 WPMC 2018 (The 21th International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications)にて,原田教授,松村准教授,水谷助教,博士後期課程1年欧陽君,修士課程2年水谷君,修士課程2年吉戸君,修士課程1年鮫島君,修士課程1年横山君の論文,合計8篇をそれぞれ発表しました。

Keiichi Mizutani, Yosuke Kodama, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada, “Performance Evaluation of Universal Time-domain Windowed GFDM-based LTE Uplink,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–5, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

Kai Samejima, Ryota Okumura, Takuya Habara, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Practical Analysis of CSL Low Power MAC Protocol Based on IEEE 802.15.4e Frame Structure,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–5, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

Ruiting Ouyang, Takeshi Matsumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “A Robust Channel Estimation for IEEE 802.22 Enabiling Wide Area Vehicular Communication,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–6, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

Takeshi Matsumura, Hiroto Kuriki, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Macro-Cell Capacity Enhancement with Synamic Full-Duplex Cellular System,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–6, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

Riichi Yokoyama, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, Hiroshi Harada, Masaaki Fuse, and Hanako Noda, “An Effective Near-field Measurement Using Multicarrier Modulation Signal,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–6, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

Yuji Mizutani, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada, “A Low Pass Filtered-Raised-Cosine Window for UTW-DFTs-OFDM,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–6, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

Akihito Yoshito, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada, “A Frequency-domain ICI Cancellation Using Weight Matrix Based on Window Shape for Simplified UTW-OFDM,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–6, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

Hiroshi Harada, Kiminobu Makino, Keiichi Mizutani, and Takeshi Matsumura, “A TV White Space Wireless Broadband Prototype for Wireless Regional Area Network,” Proc. of WPMC 2018, pp. 1–6, Chiang Rai, Thailand, Nov. 2018.

【報道発表】国際無線通信規格 Wi-SUN FANをArm Pelion IoT Platformでの実現に成功

京都大学 大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループ(以下京都大学)、株式会社日新システムズ(以下日新システムズ)、ローム株式会社(以下ローム)の3者は、英Arm(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:神奈川県横浜市、以下Arm)の協力を得て、国際無線通信規格Wi-SUN FAN(Field Area Network)に準拠したソフトウェアスタックをArmのIoTデバイス組込み用OS「Mbed OS」に対応させることに成功しました。さらに、本プロジェクトのハードウェア上に、Arm がIoTデバイス管理サービスの構成要素として提供しているクライアント機能を実装し、Wi-SUN FANのネットワーク経由で同社のIoTプラットフォーム「Arm Pelion IoT Platform」への接続とデータ送受信を行わせることに成功しました。

詳細は下記をご覧ください。

[国際無線通信規格 Wi-SUN FANをArm Pelion IoT Platformでの実現に成功]

電子情報通信学会短距離無線通信研究会にて研究成果を発表

【D1奥村・M1鮫島・水谷(潔)】11/5-6に東京都足立区の東京電機大学千住キャンパスにて開催されたIoTワークショップ(短距離無線通信(SRW)研究会)にて下記の研究成果を発表しました。

・奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司, “[技術展示]920 MHz帯を用いる異種無線通信システムの共存可能性に関する実験的評価,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 283, SRW2018-29, pp. 37-42, 東京都足立区, 2018年11月.

・鮫島 渓, 水谷圭一, 羽原拓哉, 松村 武, 原田博司, “[技術展示]マルチホップ広域WRANシステムを実現する最適無線リソース割当制御および自動経路切替制御手法の実証実験,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 283, SRW2018-28, pp. 31-36, 東京都足立区, 2018年11月.

・水谷潔志, 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司, “920MHz帯および2.4GHz帯無線システム融合ホームエリアネットワーク,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 283, SRW2018-36, pp. 71-76, 東京都足立区, 2018年11月.