月別アーカイブ: 2017年6月

【報道発表】IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステムによる無線多段中継伝送を用いた多地点同時映像情報収集基礎試験に成功

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の原田 博司プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、京都大学大学院情報学研究科(以下「京都大学」)原田 博司教授および株式会社日立国際電気(以下「日立国際電気」、代表執行役 執行役社長: 佐久間 嘉一郎)の加藤 数衞の研究グループは、このたび“モノ”のインターネット(Internet of Things: IoT)データ収集・制御用広域系Wi-RANシステム用無線機(以下、本装置)による無線多段中継伝送を用いた多地点同時映像情報収集基礎試験に成功しました。これは一つの長距離無線回線を用い、見通し外通信環境においても遠隔地のみならず中継地の情報を同時に収集するものです。

従来の広域系Wi-RANシステムでは、中継接続時に1拠点あたり複数の無線機を必要とするなど、設置場所・消費電力等の観点から、超広域かつ広帯域なデータ収集システムを容易に構成する際の障壁となっていました。また、従来の中継伝送では中継局は情報の中継、転送しか行わず、中継局自身が情報収集を行い、情報追加して、転送を行うことができませんでした。さらに数kmを超える中継を無線で行う場合、双方が見通せる環境が必須であり、間に山等が存在する見通し外環境での数kmを超える中継の実現は困難でした。

本開発では、従来2台の無線機で実現していた無線多段中継を1台の無線機で実現でき、かつ遠隔地からの情報中継だけでなく、自身が情報収集を行い、情報追加して、転送を行うことができるマルチホップ中継方式のファームウェア(物理層、MAC層)を開発し、従来のWi-RAN無線機に実装しました。この無線機は利用シーンに応じて、基地局、中継局、端末局になることができます。さらに中継接続した各無線機の通信の状態及びGPS情報位置情報を基地局で収集し、基地局において視覚的に各無線機の状態を表示する回線監視サーバの開発を行いました。 そして、この無線機を用い、京都市役所様のご協力のもと、遠隔地および中継地点における映像情報の収集実験を京都市内で行いました。無線機同士が見通せない環境において、最大8.4kmの距離を中継接続で接続し(単区間中継距離最大6.4km)、遠隔地の車上端末局および中継局からの二拠点同時リアルタイム映像伝送に成功しました。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステムによる無線多段中継伝送を用いた多地点同時映像情報収集基礎試験に成功]

[京都大学 広報web]

国際会議IEEE LANMAN2017にて研究成果を発表

【松村准教授】2017年6月12日-14日に大阪にて開催された国際学会 IEEE LANMAN 2017 (The 23rd IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks) にて松村特定准教授が以下の研究成果を発表しました。

・Takeshi Matsumura, Hiroki Ueno, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada, “Compact IEEE 802.22-based Radio Equipment Enabling Easy Installation for Regional Area Network System using TV White-spaces,” IEEE LANMAN 2017, Osaka, Japan, Jun. 2017.

IEEE LANMAN2017 Best Paper Awardを受賞

【松村准教授・上野・水谷助教・原田教授】2017年6月12日-14日に大阪にて開催された国際学会 IEEE LANMAN 2017 (The 23rd IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks) において、松村武特定准教授,当研究室卒業生の上野宏樹氏,水谷圭一助教,原田博司教授がIEEE LANMAN2017 Best Paper Awardを受賞しました。

»  IEEE LANMAN2017 Best Paper Award

    • 発表タイトル:Compact IEEE 802.22-based Radio Equipment Enabling Easy Installation for Regional Area Network System using TV White-spaces
      著者:Takeshi Matsumura, Hiroki Ueno, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada
      発表学会:IEEE LANMAN 2017 (The 23rd IEEE International Symposium on Local and Metropolitan Area Networks)

電子情報通信学会短距離無線通信研究会研究奨励賞を受賞

【小幡・M2羽原】6/12に神奈川県川崎市の富士通川崎工場にて開催された電子情報通信学会短距離無線通信(SRW)研究会において、当研究室卒業生の小幡健太郎氏(当研究室M2在籍時の発表に対する受賞),修士課程2年の羽原拓哉君(当研究室M1在籍時の発表に対する受賞)が電子情報通信学会短距離無線通信研究会研究奨励賞を受賞しました。

»  電子情報通信学会短距離無線通信研究会研究奨励賞

    • 発表タイトル:IEEE 802.15.4gシステムにおける高能率ダイバーシチ受信法に関する検討
      著者:小幡健太郎,水谷圭一,原田博司
      発表国際学会:電子情報通信学会短距離無線通信研究会
    • 発表タイトル:IEEE 802.15.10 L2R における受信信号強度を用いた端末送信機会分散型ルーティング法
      著者:羽原拓哉,水谷圭一,原田博司
      発表学会:電子情報通信学会短距離無線通信研究会

短距離無線通信研究会にて研究成果を発表

【M2羽原, M1吉戸】6/12に神奈川県川崎市の富士通川崎工場にて開催された電子情報通信学会短距離無線通信(SRW)研究会にて下記の研究成果を発表しました。

・羽原拓哉, 水谷圭一, 原田博司, “無線スマートユーティリティネットワークにおけるIEEE 802.15.10準拠L2Rプロトコルの実装・評価,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 84, SRW2017-3, pp. 11-16, 神奈川県川崎市, 2017年6月.

・吉戸章人, 児玉洋介, 栗木寛斗, 水谷圭一, 松村 武, 原田博司, “マルチパス低遅延環境運用を志向したUTW-OFDM方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 84, SRW2017-2, pp. 5-10, 神奈川県川崎市, 2017年6月.

国際会議 IEEEVTC2017-Springにて研究成果を発表

【M2奥村・栗木】2017年6月4日-7日にオーストラリア・ニューサウスウェールズ州・シドニーにて開催された国際学会IEEE VTC2017-Spring (2017 IEEE 85th Vehicular Technology Conference) にて,下記の研究成果を発表しました。

・Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada, “A broadcast protocol for IEEE 802.15.4e RIT based Wi-SUN systems,” IEEE VTC2017-Spring, Sydney, NSW, Australia, Jun. 2017.

・Hiroto Kuriki, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, Hiroshi Harada, “Enhanced UF-OFDM for Long-delay Multipath Fading Environment,” IEEE VTC2017-Spring, Sydney, NSW, Australia, Jun. 2017.

 

IEEE VTS Tokyo Chapter 2017 Young Researcher’s Encouragement Awardを受賞

【M2奥村・栗木】2017年6月4日-7日にオーストラリア・ニューサウスウェールズ州・シドニーにて開催された国際学会IEEE VTC2017-Spring (2017 IEEE 85th Vehicular Technology Conference) において、当研究室修士課程2年の奥村亮太君、栗木寛斗君がIEEE VTS Tokyo Chapter 2017 Young Researcher’s Encouragement Awardを受賞しました。

»  IEEE VTS Tokyo Chapter 2017 Young Researcher’s Encouragement Award

    • 発表タイトル:A broadcast protocol for IEEE 802.15.4e RIT based Wi-SUN systems
      著者:Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada
      発表国際学会:IEEE VTC2017-Spring
    • 発表タイトル:Enhanced UF-OFDM for Long-delay Multipath Fading Environment
      著者:Hiroto Kuriki, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, Hiroshi Harada
      発表国際学会:IEEE VTC2017-Spring

国際会議 IEEEVTC2017-Spring Workshopにて研究成果を発表

【M2羽原】2017年6月4日にオーストラリア・ニューサウスウェールズ州・シドニーにて開催された国際学会 IEEE VTC2017-Spring (2017 IEEE 85th Vehicular Technology Conference) Workshop on Wireless Access Technologies and Architectures for Internet of Things (IoT) Applicationsにて,下記の研究成果を発表しました。

・Takuya Habara, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada, “A Load Balancing Algorithm for Layer 2 Routing based Wi-SUN Systems,” IEEE VTC2017-Spring Workshop on Wireless Access Technologies and Architectures for Internet of Things (IoT) Applications, Sydney, NSW, Australia, Jun. 2017.

情報通信月間推進協議会会長表彰志田林三郎賞を受賞

【原田教授】原田博司教授が,平成29年度情報通信月間推進協議会会長表彰「志田林三郎賞」を受賞しました.

»  平成29年度情報通信月間推進協議会会長表彰「志田林三郎賞」

  • 受賞者:原田 博司(京都大学大学院 情報学研究科通信情報システム専攻 教授)
  • 功績の概要:多年にわたり、移動通信技術の研究開発や標準化に尽力したほか、スマートメーター用無線通信規格であるWi-SUN技術の研究開発及び国際標準化に携わり、顕著な成果を上げるなど、情報通信技術の発展に多大な貢献をした。

詳しくは下記URLをごらんください.
http://www.soumu.go.jp/main_content/000486758.pdf