月別アーカイブ: 2017年5月

【報道発表】第5世代移動体通信(5G)システム向け新通信方式UTW-OFDMの実証実験に世界で初めて成功 ―LTEに対する簡単な信号処理追加のみで帯域外漏洩電力を大幅に抑圧―

国立大学法人 京都大学 大学院情報学研究科の水谷 圭一 助教、松村 武 特定准教授、原田 博司 教授らの研究グループは第5世代移動体通信(5G)システム向けの新しい通信方式である、UTW-OFDM方式の実証実験に世界で初めて成功しました。

本実証実験により、現行の第4世代移動体通信(4G)システムLTE/LTE-Advancedで問題となる帯域外輻射を、簡単な信号処理の追加のみで大幅に抑圧できることが実証され、移動通信に適した周波数(6 GHz以下)において、これまで以上に高密度な周波数利用や、5Gが目指す超多数端末の同時接続やチャネルあたりの通信速度の向上が期待できます。また、UTW-OFDM方式は現行の通信方式に簡単な信号処理を追加するだけで実現可能なため、現行の4Gシステムから5Gシステムへのスムーズな移行も期待できます。

今回成功したLTEダウンリンクにおけるUTW-OFDM方式の実証実験結果について、2017年5月26日に東京ビッグサイト(ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017会場内)で行われる「電子情報通信学会スマート無線(SR)研究会」にて、研究発表および技術展示を行います。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[第5世代移動体通信(5G)システム向け新通信方式UTW-OFDMの実証実験に世界で初めて成功 ―LTEに対する簡単な信号処理追加のみで帯域外漏洩電力を大幅に抑圧―]

【報道発表】国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発に成功

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の原田博司プログラム・マネージャー(PM)の研究開発プログラムの一環として、京都大学 大学院情報学研究科 原田博司教授の研究グループ、ローム株式会社  鳥海幸人の研究グループは、NextDrive株式会社(本社:台湾、台北市)、株式会社日新システムズ(本社:京都市)と共同で、国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した”モノ”のインターネット(Internet of Things、以下IoTとする) 用ゲートウェイの開発に成功しました。

今回開発したIoT用ゲートウェイは、NextDrive社が開発した世界最小クラスIoT用ゲートウェイに、京都大学、ローム、日新システムズが開発したWi-SUN FAN対応の無線通信モジュールを搭載したものです。従来のIoT用ゲートウェイは、Webカメラ、温湿度センサー等との組み合わせで、ホームセキュリティ、介護、環境計測等のために必要となる情報を収集し、携帯電話系、Wi-Fiによりクラウドに伝送することが可能でした。今回新たにWi-SUN FANに対応したことで、IoT用ゲートウェイ同士が多段中継伝送するマルチホップ機能により、収集したデータを別のIoT用ゲートウェイに多段中継する形での伝送が可能になり、通信エリアの面的カバー率が大幅に向上します。また、Wi-SUN FANはWi-Fiと異なる周波数を用いているため、Wi-Fiとの干渉もなく、堅牢性の高いIoTネットワーク構築が可能になります。これに加え、Bluetooth Low Energy (BLE)搭載のセンサーデバイスをWi-SUN FANに変換し、伝送することも可能です。

本成果は5月24日より東京ビッグサイトで開催される「Wireless JAPAN 2017」のWi-SUNアライアンスブース(日新システムズ展示エリア)および、5月30日より台湾、台北で開催される「COMPUTEX 2017」にてデモ展示を行う予定です。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイの開発に成功]

[京都大学 広報web]