カテゴリー別アーカイブ: 報道発表・雑誌掲載

【報道発表】長距離化公共ブロードバンド移動通信システムによる単区間100km超映像伝送に成功〜100km超、双方向、映像伝送可能なIoT用無線通信システムを開発、実証〜

京都大学大学院情報学研究科(以下「京都大学」)原田 博司教授の研究グループと株式会社日立国際電気(以下「日立国際電気」、代表取締役 社長執行役員 : 佐久間 嘉一郎)は、このたび公共ブロードバンド移動通信システムとして開発を行ってきた広域系Wi-RAN(Wireless Regional Area Network)システムに長距離伝送機能を新規追加し、筑波山(茨城県つくば市)-城山湖(神奈川県相模原市)間102kmのブロードバンド無線データ伝送に成功しました。この試験は5W出力無線機(中心周波数:195MHz、公共BB帯域)および40W出力無線機(中心周波数:214MHz、VHF-High帯域)の二種類の無線機を用い、それぞれ上り下りトータル9Mbpsのデータ伝送が安定して行うことができることを実証し、さらに、ネットワークカメラを用いた双方向での映像伝送の実証を行いました。このような100km超、双方向、映像伝送可能なIoT(Internet of Things)用無線通信システムは世界初の成功となります。

[長距離化公共ブロードバンド移動通信システムによる単区間100km超映像伝送に成功〜100km超、双方向、映像伝送可能なIoT用無線通信システムを開発、実証〜]

]

【報道発表】世界初となる国際無線通信規格 Wi-SUN FANの認証を取得

京都大学 大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループ(以下 京都大学)と、株式会社日新システムズ(以下 日新システムズ)、ローム株式会社(以下 ローム)が共同開発したIoT(Internet of Things:“モノ”のインターネット) 向け新国際無線通信規格Wi-SUN FAN (Field Area Network)搭載無線機器が、世界で初めてWi-SUN アライアンスが行ったWi-SUN FAN認証試験に合格し、認証を取得いたしました。

詳細は下記をご覧ください。

[世界初となる国際無線通信規格 Wi-SUN FANの認証を取得]

【報道発表】国際無線通信規格 Wi-SUN FANをArm Pelion IoT Platformでの実現に成功

京都大学 大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループ(以下京都大学)、株式会社日新システムズ(以下日新システムズ)、ローム株式会社(以下ローム)の3者は、英Arm(本社:英国ケンブリッジ、日本法人:神奈川県横浜市、以下Arm)の協力を得て、国際無線通信規格Wi-SUN FAN(Field Area Network)に準拠したソフトウェアスタックをArmのIoTデバイス組込み用OS「Mbed OS」に対応させることに成功しました。さらに、本プロジェクトのハードウェア上に、Arm がIoTデバイス管理サービスの構成要素として提供しているクライアント機能を実装し、Wi-SUN FANのネットワーク経由で同社のIoTプラットフォーム「Arm Pelion IoT Platform」への接続とデータ送受信を行わせることに成功しました。

詳細は下記をご覧ください。

[国際無線通信規格 Wi-SUN FANをArm Pelion IoT Platformでの実現に成功]

【報道発表】森林による見通し外環境下での広域系Wi-RANを用いた映像伝送に成功 ~林業における業務効率化に向けた新ソリューションへの適用実証~

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の原田 博司 プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、京都大学 大学院情報学研究科(以下「京都大学」) 原田 博司 教授および株式会社日立国際電気(以下「日立国際電気」、代表取締役 社長執行役員: 佐久間 嘉一郎)の加藤 数衞の研究グループは、須崎地区森林組合、高知県商工労働部産業創造課、高知県公立大学法人高知工科大学情報学群 大学院工学研究科(福本 昌弘 教授)、株式会社STNet(代表取締約社長 : 溝渕 俊寛)と共同で、森林内の樹木や地形等の遮蔽による厳しい見通し外通信環境下における広域系Wi-RANシステム映像伝送試験に成功しました。

林業においては、原木伐採作業に必要不可欠な原木所有者確定のための地籍調査を目的として、山中の映像をリアルタイムで山麓まで伝送するニーズがあります。しかし、このような山中には、基本的には携帯電話回線は十分整備されておらず、上記ニーズに適合する無線技術はありませんでした。広域系Wi-RANは、見通し外映像伝送を実現するシステムとして知られており、これまで広域に存在するセンサー、メーター、モニターからの情報を収集する無線通信システムとして、様々な見通し外環境での実フィールド試験を地域医療への応用を中心に行ってきました。しかし、生い茂った森林内を想定した厳しい見通し外環境での実証は行われていませんでしたが、今回、山中の映像を山麓へリアルタイム伝送し、さらに双方向での音声通信を行うことで山麓において山中の詳細な状況把握が可能になることを確認しました。

我が国は国土面積の約2/3を森林が占める地勢にあり、今回の試験結果は、広域系Wi-RANシステムを利用することにより、ICTによる林業分野における社会リスクの低減や多様な業務の高度化・効率化に大きく寄与できる可能性を示すもので、過疎や従事人口の高齢化の社会課題の解決にむけた利用拡大が期待されます。

なお、本試験は高知県須崎市において実施しました。

[森林による見通し外環境下での広域系Wi-RANを用いた映像伝送に成功]

]

【報道発表】「マルチキャリア変調信号を用いた広帯域アンテナ近傍界高速測定システム」 の開発に成功

国立大学法人京都大学(学長 山極 壽一)大学院情報学研究科の原田博司教授、水谷圭一助教らの研究グループと、アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)技術本部先進技術開発センターの野田華子センター長らの研究グループは、2020年以降に導入が検討されている第5世代移動通信システム(5G)で利用可能なマルチキャリア変調信号を用いた広帯域アンテナ近傍界測定システムを共同開発しました。このシステムにより、指向性の周波数特性を従来と比較し100倍程度高速※1に取得することが可能となり、今後ますます加速する第5世代移動通信システムの研究・開発への貢献が期待されます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[「マルチキャリア変調信号を用いた広帯域アンテナ近傍界高速測定システム」 の開発に成功]

【報道発表】国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイによるBluetooth搭載各種機器からの移動対応、広範囲情報収集システムの開発に成功

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の原田博司プログラム・マネージャー(PM)の研究開発プログラムの一環として、京都大学 大学院情報学研究科 原田博司教授の研究グループ、ローム株式会社  内貴崇の研究グループは、”モノ”のインターネット(Internet of Things、以下IoTとする)用国際無線通信規格Wi-SUN FAN及びBluetooth搭載IoTゲートウェイを用いて、Bluetooth搭載ウェアラブル機器および医療機器等の各種機器からの情報を、利用者が移動しても広範囲に情報収集することができる通信システムを開発しました。

現状、Bluetooth搭載各種機器は基本的に接続認証(ペアリング)が許可された一つのIoT機器にのみ接続できます。利用者が移動した場合は、別途移動先のIoT機器に再接続認証する必要性があり、データを収集するうえで再接続の時間が問題になっていました。今回開発した装置は、データをクラウドに上げる基地局用IoTゲートウェイと、複数のデータ中継用IoTゲートウェイから構成されます。各IoTゲートウェイはWi-SUN FANおよびBluetoothの通信機能を有します。Bluetooth搭載機器は、まずいずれか一つのIoTゲートウェイに接続し、接続時に認証に必要な情報が、Wi-SUN FANを通してすべての中継用IoTゲートウェイに共有されます。その結果、利用者が移動した場合でもBluetoothの再接続することなく情報をクラウドまで伝送することが可能になります。

この通信システムを用いて、Bluetooth搭載ウェアラブル機器およびBluetooth搭載マルチセンサー携帯型自動血圧計を接続し、環境・生体信号を同時にクラウド上に整備された超ビッグデータを創出基盤上に伝送することを確認しました。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイによるBluetooth搭載各種機器からの移動対応、広範囲情報収集システムの開発に成功]

[国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 広報web]

【報道発表】IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステムによる70 km超無線多段中継伝送を用いた多地点広域データ伝送試験に成功

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の原田 博司プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、京都大学大学院情報学研究科(以下「京都大学」)原田 博司教授および株式会社日立国際電気(以下「日立国際電気」、代表執行役 執行役社長 : 佐久間 嘉一郎)の加藤 数衞の研究グループは、このたび“モノ”のインターネット(Internet of Things: IoT)データ収集・制御用広域系Wi-RANシステム用無線機(以下、本装置)による無線多段中継伝送を用い、3段・分岐有という構成で総中継距離75.0 km、単区間最大距離27.8 kmでの5拠点同時中継データ伝送試験に成功しました。

さらに、上記Wi-RAN同時中継回線を用いて、Wi-SUN無線機を用いた無線ネットワークにより血圧・脈拍等の生体計測データを取得する医療データ収集システムと、災害時における被災現場の情報収集としての防災・減災危機管理システムとの異システム同時運用試験に成功しました。

現在まで1台の無線機で実現する中継段数無制限のスケーラブルな多段中継機能の開発を行ってきました。しかし実フィールド環境では、単区間最大距離が6km程度で1段の中継を行う2地点同時映像伝送の基礎実験の実証にとどまり、多段中継の機能についての十分な実証は行われておらず、また、IoT用の実システムへの応用についても行われていませんでした。

今回、より長距離の多段中継回線を容易に構築するために、無線機の電源投入のみで、自動的に通信可能な無線機をセンシングし接続していくことにより、順次中継エリアを拡大していく、詳細設定不要な自動多段中継ネットワーク構築機能を開発しました。さらに実際に想定されるアプリケーションで十分に利用できることを確認しました。

今回の試験結果を受け、実システムにおけるWi-RANマルチホップを利用したIoTシステムの普及促進が期待されます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステムによる70 km超無線多段中継伝送を用いた多地点広域データ伝送試験に成功]

[京都大学 広報web]

[国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 広報web]

なお、本試験は、比叡山自動車道株式会社様、琵琶湖湖岸緑地管理事務所様、びわ湖バレイ株式会社様のご協力のもと京都府および滋賀県において実施しました。

【報道発表】パブリッククラウド上に超ビッグデータを創出する共通基盤の構築に成功

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の原田博司プログラム・マネージャー(PM)の研究開発プログラムの一環として、京都大学 大学院情報学研究科 原田博司教授の研究グループは、医療、ものづくりの環境で取得されたIoT(Internet of Things:“モノ”のインターネット)機器で取得されたセンサー、メーター、モニター情報を安全、かつ確実に収集するための超ビッグデータ創出基盤をパブリッククラウド(Amazon Web Service:AWS)上に構築しました。

今回開発した超ビッグデータ創出基盤は、各種IoT機器によって医療、ものづくりの環境で取得された環境用、制御用センサー、メーター、モニター情報を安全、かつ確実に収集するために、各種IoT機器に対して、接続するための共通インターフェースを定義し、機器登録を行い、電子証明書を自動発行する機能を搭載しています。また、参照のみの参照系、IoT機器の制御も可能な制御系データを個々に蓄積する機能及び、簡易なデータ処理を行う機能を搭載しています。加えて、蓄積されたビッグデータを各種ビッグデータ処理エンジン、アプリケーションサーバから簡単にアクセスすることができる共通インターフェースを搭載しています。

今回開発した超ビッグデータ創出基盤に市販のWi-SUN搭載小型IoT用ゲートウェイおよびWi-SUN搭載センサー機器等を接続させ、温湿度、使用電力等のデータが安全、確実に収集し、その収集データを可視化アプリケーションに伝送することにより、データの可視化を行うことができることを実証しました。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[パブリッククラウド上に超ビッグデータを創出する共通基盤の構築に成功]

[国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 広報web]

【報道発表】IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステムによる無線多段中継伝送を用いた多地点同時映像情報収集基礎試験に成功

内閣府 総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の原田 博司プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、京都大学大学院情報学研究科(以下「京都大学」)原田 博司教授および株式会社日立国際電気(以下「日立国際電気」、代表執行役 執行役社長: 佐久間 嘉一郎)の加藤 数衞の研究グループは、このたび“モノ”のインターネット(Internet of Things: IoT)データ収集・制御用広域系Wi-RANシステム用無線機(以下、本装置)による無線多段中継伝送を用いた多地点同時映像情報収集基礎試験に成功しました。これは一つの長距離無線回線を用い、見通し外通信環境においても遠隔地のみならず中継地の情報を同時に収集するものです。

従来の広域系Wi-RANシステムでは、中継接続時に1拠点あたり複数の無線機を必要とするなど、設置場所・消費電力等の観点から、超広域かつ広帯域なデータ収集システムを容易に構成する際の障壁となっていました。また、従来の中継伝送では中継局は情報の中継、転送しか行わず、中継局自身が情報収集を行い、情報追加して、転送を行うことができませんでした。さらに数kmを超える中継を無線で行う場合、双方が見通せる環境が必須であり、間に山等が存在する見通し外環境での数kmを超える中継の実現は困難でした。

本開発では、従来2台の無線機で実現していた無線多段中継を1台の無線機で実現でき、かつ遠隔地からの情報中継だけでなく、自身が情報収集を行い、情報追加して、転送を行うことができるマルチホップ中継方式のファームウェア(物理層、MAC層)を開発し、従来のWi-RAN無線機に実装しました。この無線機は利用シーンに応じて、基地局、中継局、端末局になることができます。さらに中継接続した各無線機の通信の状態及びGPS情報位置情報を基地局で収集し、基地局において視覚的に各無線機の状態を表示する回線監視サーバの開発を行いました。 そして、この無線機を用い、京都市役所様のご協力のもと、遠隔地および中継地点における映像情報の収集実験を京都市内で行いました。無線機同士が見通せない環境において、最大8.4kmの距離を中継接続で接続し(単区間中継距離最大6.4km)、遠隔地の車上端末局および中継局からの二拠点同時リアルタイム映像伝送に成功しました。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[IoTデータ収集・制御用広域系Wi-RANシステムによる無線多段中継伝送を用いた多地点同時映像情報収集基礎試験に成功]

[京都大学 広報web]

【報道発表】第5世代移動体通信(5G)システム向け新通信方式UTW-OFDMの実証実験に世界で初めて成功 ―LTEに対する簡単な信号処理追加のみで帯域外漏洩電力を大幅に抑圧―

国立大学法人 京都大学 大学院情報学研究科の水谷 圭一 助教、松村 武 特定准教授、原田 博司 教授らの研究グループは第5世代移動体通信(5G)システム向けの新しい通信方式である、UTW-OFDM方式の実証実験に世界で初めて成功しました。

本実証実験により、現行の第4世代移動体通信(4G)システムLTE/LTE-Advancedで問題となる帯域外輻射を、簡単な信号処理の追加のみで大幅に抑圧できることが実証され、移動通信に適した周波数(6 GHz以下)において、これまで以上に高密度な周波数利用や、5Gが目指す超多数端末の同時接続やチャネルあたりの通信速度の向上が期待できます。また、UTW-OFDM方式は現行の通信方式に簡単な信号処理を追加するだけで実現可能なため、現行の4Gシステムから5Gシステムへのスムーズな移行も期待できます。

今回成功したLTEダウンリンクにおけるUTW-OFDM方式の実証実験結果について、2017年5月26日に東京ビッグサイト(ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017会場内)で行われる「電子情報通信学会スマート無線(SR)研究会」にて、研究発表および技術展示を行います。

詳しくは下記のページをご覧ください。

[第5世代移動体通信(5G)システム向け新通信方式UTW-OFDMの実証実験に世界で初めて成功 ―LTEに対する簡単な信号処理追加のみで帯域外漏洩電力を大幅に抑圧―]