作成者別アーカイブ: admin

国際会議IEEE VTC2020-Springにて研究成果を発表

【M2 リュウ・ワヨン・笠井】5/25-28にオンラインで実施された国際会議IEEE VTC2020-Springにて、下記の成果を発表しました。

1. Shuzhi Liu, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada, “Self-interference Cancellation Utilizing Superposition Modulation Technique for Single Carrier Full-duplex System,” Proc. IEEE VTC2020-Spring, pp. 1-5, Virtual, May 2020.

2. Robby Wayong, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “A Scheduling Scheme for Channel Hopping in Wi-SUN FAN Systems toward Data Throughput Enhancement,” Proc. IEEE VTC2020-Spring, pp. 1-5, Virtual, May 2020.

3. Mampei Kasai and Hidekazu Murata, “Performance Comparison of Adaptive Terminal Selection Schemes for Terminal-Collaborated MIMO Reception Using Actual Received Signals,” Proc. IEEE VTC2020-Spring, pp. 1-5,Virtual, May 2020.

IEEE VTS Tokyo/Japan Chapter 2020 Young Researcher’s Encouragement Awardを受賞

【M2 リュウ・ワヨン・笠井】5/25-28にオンラインで実施された国際会議IEEE
VTC2020-Springにおいて、当研究室修士課程2年のリュウショシ君、ワヨンロビー君、笠井万平君がIEEE VTS Tokyo/Japan Chapter 2020 Young Researcher’s Encouragement Awardを受賞しました。

»  IEEE VTS Tokyo/Japan Chapter 2020 Young Researcher’s Encouragement Award

発表タイトル:Self-interference Cancellation Utilizing Superposition
Modulation Technique for Single Carrier Full-duplex System
著者:Shuzhi Liu, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada
発表学会:IEEE VTC2020-Spring, pp. 1-5, Virtual, May 2020.

発表タイトル:A Scheduling Scheme for Channel Hopping in Wi-SUN FAN Systems toward Data Throughput Enhancement
著者:Robby Wayong, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada
発表学会:IEEE VTC2020-Spring, pp. 1-5, Virtual, May 2020.

発表タイトル:Performance Comparison of Adaptive Terminal Selection Schemes for Terminal-Collaborated MIMO Reception Using Actual Received Signals
著者:Mampei Kasai and Hidekazu Murata
発表学会:IEEE VTC2020-Spring, pp. 1-5, Virtual, May 2020.


電子情報通信学会移動通信ワークショップにて研究成果を発表

【原田教授・水谷助教・正木研究員・M2林田・M2横山・M1平川】3/4-3/6に東京都目黒区の東京工業大学で実施予定であった電子情報通信学会移動通信ワークショップ(無線通信システム研究会、スマート無線研究会、短距離無線通信研究会)にて、下記の成果を発表しました。

なお、本研究会の口頭発表は新型コロナウイルスの影響で中止となりましたが、研究成果は電子情報通信学会技術報告に掲載、発行されております。

  1. 水谷圭一, 原田博司, “[依頼講演]遅延プロファイルと機械学習を用いた端末位置推定手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 450, SRW2019-82, pp. 111-116, 東京都目黒区, 2020年3月.
  2. 平川 怜, 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司, “Wi-SUN FANネットワークにおける伝送特性向上のための経路構築法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 450, SRW2019-73, pp. 69-74, 東京都目黒区, 2020年3月.
  3. 林田尚之, 水谷圭一, 原田博司, “市街地環境におけるVHF帯遅延プロファイルと機械学習を用いた端末位置推定手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 450, SRW2019-71, pp. 57-62, 東京都目黒区, 2020年3月.
  4. 正木弘子, 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司, “医療・介護での利用を志向したIEEE 802.15.4gシステムの屋内伝送実験, ” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 450, SRW2019-70, pp. 51-56, 東京都目黒区, 2020年3月.
  5. 原田博司, “[招待講演]Beyond 5G/Post 5G時代のプラットフォームとワイヤレス通信,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 450, SRW2019-67, pp. 41-46, 東京都目黒区, 2020年3月.
  6. 山崎浩輔, 林 高広, 天野良晃, 岸 洋司, 藤井威生, 安達宏一, 原田博司, 水谷圭一, 高田潤一, 齋藤健太郎, 不破 泰, 田久 修, 澤井 亮, 木村亮太, 馬場覚志, 掛札祐範, 金本英樹, 安永 毅,  “[招待講演]ダイナミック周波数共用実現に向けた研究開発,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 449, SR2019-120, pp. 41-46, 東京都目黒区, 2020年3月.
  7. 横山梨一, 水谷圭一, 松村 武, 原田博司, “周波数共用型5Gシステム実現のための高精度5G NRダウンリンク信号検出手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no. 449, SRW2019-118, pp. 31-38, 東京都目黒区, 2020年3月.
  8. 趙 欧, 廖 偉舜, 李 可人, 松村 武, 児島史秀, 原田博司, “全二重無線通信システムにおける怠惰学習による自己干渉キャンセル性能評価, ” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no. 448, RCS2019-337, pp. 93-98, 東京都目黒区, 2020年3月.
  9. 廖 偉舜, 趙 欧, 李 可人, 松村 武, 児島史秀, 原田博司,  “帯域内全二重通信システムにおける適応フィルタを用いた自己干渉キャンセル方式の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol.119, no. 448, RCS2019-336, pp. 87-92, 東京都目黒区, 2020年3月.

【2/18】研究室説明会(本学電気電子工学科在籍学生向け)

原田研究室は下記の日程で、本学電気電子工学科に在籍中の学生(1, 2回生も可)を対象として、研究室配属前の説明会を行います。

説明会開催日時:2020年2月18日(火)
開催時間:(1回目)9:00~10:00,(2回目):10:00~11:00,(3回目):11:00~12:00
※3回とも同じ内容です。
※上記の日時以外の見学希望は2月17日(月)までに下記連絡先に連絡して下さい。
集合場所:国際科学イノベーション棟西館2階 W206号室(下記リンク・69番の建物)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/

対象学生:本学電気電子工学科在籍中の学生(1, 2回生も可)
(それ以外で見学希望の場合は,事前に下記連絡先に連絡して下さい。)
連絡先:水谷 圭一 助教 mizutani _at_ i.kyoto-u.ac.jp
※ _at_ を@に変更して下さい。

2019年度無線通信システム研究会 初年度発表者コンペティション 最優秀発表賞を受賞

【M1酒井】2020年1月24日に広島県広島市にて開催された電子情報通信学会無線通信システム研究専門委員会において、当研究室修士課程1年の酒井愛富君が2019年度無線通信システム研究会 初年度発表者コンペティション 最優秀発表賞を受賞しました。

»  2019年度無線通信システム研究会 初年度発表者コンペティション 最優秀発表賞

  • 発表タイトル:周波数共用5G システム実現のための 高能率一次利用無線伝送システム信号検出手法
    著者:酒井愛富, 水谷圭一, 松村 武, 原田博司
    発表学会:電子情報通信学会無線通信システム研究専門委員会

電子情報通信学会無線通信システム研究会にて研究成果を発表

【M1酒井】1/23-24に広島県広島市の広島市青少年センターにて開催された電子情報通信学会無線通信システム(RCS)研究会)にて下記の研究成果を発表しました。

・酒井愛富, 水谷圭一, 松村 武, 原田博司, “周波数共用5G システム実現のための 高能率一次利用無線伝送システム信号検出手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 378, RCS2019-302, pp. 209-214, 広島県広島市, 2020年1月.

電子情報通信学会短距離無線通信研究会にて研究成果を発表

【M2向・B4落合】1/14に神奈川県川崎市の東芝(ラゾーナ川崎)にて開催された電子情報通信学会短距離無線通信(SRW)研究会)にて下記の研究成果を発表しました。

・Yueying Xiang, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Field Experiment of IEEE 802.15.4 Based High-Speed FSK Transmission Scheme,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 363, SRW2019-52, pp. 7-12, 神奈川県川崎市, 2020年1月.

・落合英智, 水谷潔志, 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司, “高速Wi-SUN FANネットワークにおける周波数ホッピングの高密度化,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 119, no. 363, SRW2019-53, pp. 13-18, 神奈川県川崎市, 2020年1月.

国際会議IEEE CCNC 2020にて研究成果を発表

【D2奥村,M2鮫島,M2水谷,M1堀田】2020年1月10日-13日にアメリカ・ラスベガスにて開催された国際学会 IEEE CCNC 2020 (IEEE Consumer Communications & Networking Conference)にて,博士後期課程2年奥村君,修士課程2年鮫島君,修士課程2年水谷君,修士課程1年堀田君の論文,合計5篇をそれぞれ発表しました。

Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Dependable Source Routing Scheme for Multi-Hop Networks Based on Receiver-Initiated MAC Protocol,” Proc. of CCNC 2020, pp. 1–6, Las Vegas, USA, Jan. 2020.

Kiyoshi Mizutani, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “A Home Area Heterogeneous Wireless Management Scheme by Wi-SUN FAN and Wi-Fi Systems,” Proc. of CCNC 2020, pp. 1–6, Las Vegas, USA, Jan. 2020.

Kai Samejima, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Evaluation of CSL-based Low Power MAC Protocol for Wireless Smart Metering Networks,” Proc. of CCNC 2020, pp. 1–2, Las Vegas, USA, Jan. 2020.

Daiki Hotta, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Stabilization of Multi-Hop Routing Construction in Wi-SUN FAN Systems,” Proc. of CCNC 2020, pp. 1–6, Las Vegas, USA, Jan. 2020.

Kai Samejima, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Wireless Smart Ubiquitous Network by CSL-based Low Power MAC Protocol,” Proc. of CCNC 2020, pp. 1–2, Las Vegas, USA, Jan. 2020.

国際会議IEEE DySPAN 2019 Workshop on Data-Driven Dynamic Spectrum Sharing (DD-DSS 2019)にて研究成果を発表

【M2林田】2019年11月14日にアメリカ・ニューアークにて開催された国際学会 IEEE DySPAN 2019 Workshop on DD-DSS (IEEE DySPAN 2019 Workshop on Data-Driven Dynamic Spectrum Sharing)にて,修士課程2年林田君の論文を発表しました。

Takayuki Hayashida, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Possibility of Dynamic Spectrum Sharing System by VHF-band Radio Sensor and Machine Learning,” Proc. of DySPAN 2019 Workshop on DD-DSS, pp. 1–6, Newark, USA, Nov. 2019.

IEEE VTS Tokyo Chapter 2019 Young Researcher’s Encouragement Awardを受賞

【M2寺前】IEEE VTC2019-Fall (2019 IEEE 90th Vehicular Technology Conference)において、当研究室修士課程2年の寺前亨哉君がIEEE VTS Tokyo Chapter 2019 Young Researcher’s Encouragement Awardを受賞しました。

»  IEEE VTS Tokyo Chapter 2019 Young Researcher’s Encouragement Award

    • 発表タイトル:Enhancement of User Perceived Throughput in Sub-6 GHz Integrated Access and Backhaul with Dynamic Full-Duplex
      著者:Kyoya Teramae, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada
      発表国際学会:IEEE VTC2019-Spring