作成者別アーカイブ: admin

新B4集合日について

【お知らせ】2021年度に原田研究室に新規配属される学生は、4月5日 AM10:00に「総合研究9号館南棟S413号室」にご参集下さい。

また、確認した学生は水谷准教授まで3/18までにメールでご連絡下さい。

【報道発表】次世代スマートメーター向け国際通信規格 Wi-SUN FANの大規模な高密度接続試験を行う試験機を開発

京都大学 大学院情報学研究科の原田博司教授の研究グループ(以下 京都大学)と、株式会社日新システムズ(以下 日新システムズ)は、次世代スマートメーター向けの通信規格として期待されている国際無線通信規格Wi-SUN FAN(Field Area Network)の大規模な高密度接続試験を行うための試験機を新たに開発しました。さらにこの試験機を用いて実運用に近い環境で無線機100台による大規模な多段中継接続試験を行うことに成功しました。

[次世代スマートメーター向け国際通信規格 Wi-SUN FANの大規模な高密度接続試験を行う試験機を開発]

国際会議WPMC2020にて研究成果を発表

【水谷助教・D2欧陽・M2酒井】2020年10月19日-22日にVirtual Conferenceにて開催された国際学会WPMC2020 (The 23rd International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications) にて下記の成果を発表しました。

1. Keiichi Mizutani and Hiroshi Harada, “Analytical Model of Quantization Noise for In-Band Full-duplex Wireless Communications,” Proc.WPMC2020, pp. 1-6, Virtual, Oct. 2020.

2. Ruiting Ouyang, Takeshi Matsumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Development of Evaluation Platform for IEEE 802.22-based Highly Mobile WRAN Communication System with an SDR-based Receiver,” Proc. WPMC2020, pp. 1-6, Virtual, Oct. 2020.

3. Atomu Sakai, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada,“High-efficient Sensing Methods of Primary Wireless Transmission System for Dynamic Spectrum Sharing-based 5G System,” Proc. WPMC2020, pp. 1-6,Virtual, Oct. 2020.

国際会議IEEE CCNC2021に論文が採択

【M2ワヨン・M1荒川・富田】2021年1月9日-12日にVirtual Conferenceにて開催予定の国際学会IEEE CCNC2021 (2021 IEEE 18th Annual Consumer Communications & Networking Conference)に、修士課程2年ワヨン君、修士課程1年荒川君、富田君の論文が採択されました。

1. Robby Wayong, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “A Routing Protocol toward Reliable Mobile Communication in Wi-SUN FAN,” Proc. IEEE CCNC2021, Virtual, Jan. 2021.

2. Yuya Arakawa, Kazuki Nishikori, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada, “An Initial Study of Dynamic-Duplex Cellular System on 5G NR Downlink in High SHF Band,” Proc. IEEE CCNC2021, Virtual, Jan.2021. (Poster Session)

3. Shingo Tomida, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Radio Protection Area Estimation Methods for Spectrum Sharing-based 5G System,” Proc. IEEE CCNC2021, Virtual, Jan. 2021. (WiP Session)

国際会議WPMC2020に論文が採択

【水谷助教・D2欧陽・M2酒井】2020年10月19日-22日にVirtual Conferenceにて開催予定の国際学会WPMC2020 (The 23rd International Symposium on Wireless Personal Multimedia Communications)に,水谷助教、博士後期課程2年欧陽さん、修士課程2年酒井君の論文が採択されました。

1. Keiichi Mizutani and Hiroshi Harada,“Analytical Model of Quantization Noise for In-Band Full-duplex Wireless Communications,” Proc. WPMC2020, pp. 1-6, Virtual, Oct. 2020.

2. Ruiting Ouyang, Takeshi Matsumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Development of Evaluation Platform for IEEE 802.22-based Highly Mobile WRAN Communication System with an SDR-based Receiver,” Proc. WPMC2020, pp. 1-6, Virtual, Oct. 2020.

3. Atomu Sakai, Keiichi Mizutani, Takeshi Matsumura, and Hiroshi Harada,“High-efficient Sensing Methods of Primary Wireless Transmission System for Dynamic Spectrum Sharing-based 5G System,” Proc. WPMC2020, pp. 1-6, Virtual, Oct. 2020.

電子情報通信学会短距離無線通信研究会研究奨励賞・優秀学生賞を受賞

【M2向,M1落合、2019年度修士課程修了 横山氏】2019年8月24日に電子情報通信学会短距離無線通信研究会において2019年度表彰が実施され(セレモニーは11月研究会で実施予定)、当研究室のM2向さん,M1落合君が研究奨励賞、また2019年度修士過程修了の横山君が優秀学生賞を受賞しました。

詳しくはこちら。
https://www.ieice.org/~srw/awardee.htm

»  電子情報通信学会短距離無線通信研究会研究奨励賞

発表タイトル:Field Experiment of IEEE 802.15.4 Based High-Speed FSK
Transmission Scheme

著者:Yueying Xiang, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada
発表学会:電子情報通信学会短距離無線通信研究会 (SRW2019-52)

発表タイトル:高速Wi-SUN FANネットワークにおける周波数ホッピングの高密度化
著者:落合英智, 水谷潔志, 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司
発表学会:電子情報通信学会短距離無線通信研究会 (SRW2019-53)

»  電子情報通信学会短距離無線通信研究会研究奨励賞

発表タイトル:5G New RadioへのUTW-OFDM方式適用に関する検討
著者:横山梨一, 水谷圭一, 松村 武, 原田博司
発表学会:電子情報通信学会短距離無線通信研究会 (SRW2019-15)

電子情報通信学会短距離無線通信研究会にて研究成果を発表

【水谷助教・正木研究員・D3奥村・M2ワヨン・M1富田】8/24にオンラインで実施された電子情報通信学会短距離無線通信研究会(SRW研究会)にて、下記の成果を発表しました。

1. 富田晋伍, 水谷圭一, 原田博司, “周波数共用型5Gシステムにおける電波保護領域推定技術,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 138, SRW2020-9, pp. 1-6, オンライン, 2020年8月.

2. Robby Wayong, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada, “A Routing Protocol toward Seamless Handover for Mobile Nodes in Wi-SUN FAN, ” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 138, SRW2020-10, pp. 7-12, オンライン, 2020年8月

3. 水谷圭一, 原田博司, “[依頼講演]広域系WRANによる電波ビッグデータを用いた高能率周波数共用システムの研究開発概要,”電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 138, SRW2020-15, pp. 31-36,オンライン, 2020年8月.

4. 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司, “無線フィールドエリアネットワークにおけるバッテリ駆動端末向けMACプロトコルの特性解析,”電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 138, SRW2020-18, pp. 45-50,オンライン, 2020年8月.

5. 正木弘子, 奥村亮太, 水谷圭一, 原田博司,“近距離無線通信技術を用いた接触可能性検知システムの基礎特性,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 138, SRW2020-19, pp. 51-56, オンライン, 2020年8月.

電子情報通信学会無線通信システム研究会にて研究成果を発表

【D2欧陽】7/8にオンラインで実施された電子情報通信学会無線通信システム研究会(RCS研究会)にて、下記の成果を発表しました。

1. Ruiting Ouyang, Takeshi Matsumura, Keiichi Mizutani, Hiroshi Harada,“ Channel Modeling Algorithm for Rural Area Communication System in TV White Spaces, ” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 120, no. 89, RCS2020-62, pp. 25-30, オンライン, 2020年7月.


国際会議IEEE VTC2020-Fallに論文が採択

【D2欧陽・M1落合】2020年11月18日-12月16日にVirtual Conferenceにて開催予定の国際学会 VTC2020-Fall (2020 IEEE 92th Vehicular Technology Conference)に、博士後期課程2年欧陽さん、修士課程1年落合君の論文が採択されました。

1. Ruiting Ouyang, Takeshi Matsumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Channel Modeling Algorithm for TVWS-based IEEE 802.22 WRAN System in Rural Areas,” Proc. IEEE VTC2020-Fall, pp. 1-5, Virtual, Nov.2020.

2. Hidetomo Ochiai, Kiyoshi Mizutani, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “A High-speed Wi-SUN FAN Network by Highly-Dense Frequency Hopping,” Proc. IEEE VTC2020-Fall, pp. 1-5, Virtual, Nov. 2020.

国際会議IEEE WF-IoT2020にて研究成果を発表


【M2向・2019年度修士課程修了水谷(潔)氏】6/2-16にオンラインで実施された国際会議IEEE WF-IoT 2020 (2020 IEEE 6th World Forum on Internet of Things)にて下記の成果を発表しました。

1. Yueying Xiang, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada,
“Data Rate Enhancement for IEEE 802.15.4 Based FSK Transmission Scheme,”Proc. IEEE WF-IoT 2020, pp. 1-6, Virtual, Jun. 2020.

2. Kiyoshi Mizutani, Ryota Okumura, Keiichi Mizutani, and Hiroshi Harada, “Coexistence of Synchronous and Asynchronous MAC Protocols for Wireless IoT Systems in Sub-Gigaherz Band,” Proc. IEEE WF-IoT 2020, pp. 1-6, Virtual, Jun. 2020.